お出かけ

立山黒部アルペンルートへのアクセスは?扇沢駅までの格安移動手段。

立山黒部アルペンルートへのアクセスは?

立山黒部アルペンルートへ行ってきました。

立山黒部アルペンルートへのアクセス方法は色々とありますが、今回の記事では都内からの立山黒部アルペンルートへのアクセスを紹介します。

行ってみたいけど、アクセス方法がわからない。安く行く方法が知りたい方は是非ご覧ください!

立山黒部アルペンルートとは?

立山黒部アルペンルートとは、北アルプスを貫き、富山県の立山と長野県の扇沢を結ぶ総延長37.2kmもの世界最大級の山岳観光ルートです。

立山黒部アルペンルートは標高3,000m級の峰々が連なる北アルプスを貫く世界有数の山岳観光ルートです。総延長37.2km、最大高低差は1,975m。そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にあります。富山県側の立山町「立山駅」から長野県側の大町市「扇沢駅」まで乗り物を乗り継ぎ、いくつもの景勝地を通って気軽に、雲上に広がる立山黒部の雄大な大自然を満喫することができます。立山黒部アルペンルート公式HP

立山黒部アルペンルートへは高速バスがおすすめ!

立山黒部アルペンルートへのアクセスはこのようなかんじです。

立山黒部アルペンルートの起点扇沢駅へのアクセスは高速バスが1番早くておすすめです。

こちらには記載されていませんが、1日に1本だけ、新宿〜扇沢駅までの直通高速バスが運行しているので、それに乗ってしまえばあっという間に扇沢駅へ到着します。

アルピコ交通株式会社が『さわやか信州号』という新宿駅〜扇沢駅までの直通バスを運行しています。

さわやか信州号は新宿〜扇沢間を約6時間で運転しています。深夜発早朝着なので、仕事後に新宿へ行き、寝ている間に扇沢に到着できるというとっても効率的なバスなのです。

新宿〜扇沢間の乗車料金は?

さわやか信州号の新宿〜扇沢間の乗車料金はこちら。

とてもリーズナブルに移動することができます。そのため、時期や予約のタイミングによっては、予約で埋まってしまっていることも珍しくありません。

さわやか信州号が埋まってしまっていたら?

さわやか信州号が予約でいっぱいなら扇沢へいく交通手段はない?

こんなことはありません。さわやか信州号よりはちょっと面倒になってしまいますが、他にも行く手段はあります。

信濃大町駅まで行き扇沢線に乗り換えるルート

長野県の信濃大町からは、扇沢行きのバスが出ています。こちらも『さわやか信州号』と同じく、アルピコ交通株式会社が運行しています。

路線図はこちら。

こちらの扇沢間のは予約不要で、当日バス停前の窓口で乗車券を購入すればOK。

信濃大町駅前のバス停前窓口はこんなかんじです。タイミングによっては行列ができていることも。

信濃大町〜扇沢間の乗車料金はこちら。

さらに往復で購入すると、信濃大町〜扇沢間の往復割引が適用され、2500円になり、片道で購入するよりもお得になります。

信濃大町〜扇沢間の時刻表はこちら。

時刻表はアルピコ交通 信濃大町〜扇沢線で、確認できます。

東京から信濃大町へのアクセスは?

東京から信濃大町までのアクセスですが、こちらも同じく高速バスがおすすめです。

アルピコ交通株式会社が運行している『新宿〜安曇野・大町・白馬線』にのれば信濃大町まで一本でいくことができます。

高速バスは信濃大町駅前で降車しますが、高速バスの停留所から扇沢行きバス乗り場までは、徒歩1分・・・も、かからないかもしれないくらい目の前に停車するので、道迷いの心配もありません。

新宿〜安曇野・大町・白馬線の時刻表はこちら。

時刻表はこちらから確認できます。

新宿〜信濃大町までの乗車料金は?

新宿〜信濃大町間の高速バスの乗車料金は4600円ですが、Webで予約するWeb割引を利用すると300円お得に購入することができます。

Web予約は簡単に予約でき、キャンセル手数料も当日の出発前までは100円と激安!時間が読みづらい登山者にとっては、とても有り難いサービスですよね。

新宿〜白馬線のWeb予約は、ハイウエイバス ドットコムから予約することができます。

その他ウィラーエクスプレス からでも予約可能です。

信濃大町行きは夜行バスがない!

信濃大町行きのバスは、扇沢行きと違って夜行バスがありません。1番遅い時間でも新宿を18時代発なので、仕事後に向かうのは難しいかもしれません。

逆に、新宿〜扇沢線は夜行バスしかないので、「夜通しバスに乗って次の日登山はつらい」なんて人には向いていません。

ここをうまく使い分けれたらいいのではないでしょうか?信濃大町行きは昼行なら何本か運行していますが、扇沢行きは夜行バスの1日1本のみなので、絶対に扇沢線に乗りたいという人は早めの予約がおすすめです。

高速バスに長時間乗りたくない人は長野まで新幹線で行くルート

「高速バスに長時間乗りたくない」そんな人には、長野まで新幹線で行くのがおすすめ!

長野駅からも扇沢行きのバスが出ています。長野〜扇沢までは、バスで約2時間弱かかりますが、新幹線で早い時間に長野に到着し、扇沢線に乗り換えれば、最速で9時半頃には扇沢駅に到着することができます。

早い時間に扇沢に到着したいけれど、アルピコ交通の新宿〜扇沢線が満席だった場合などには、長野まで新幹線でくるルートがおすすめです。

長野〜扇沢間の乗車料金は?

長野〜扇沢間の乗車料金はこちら。

こちらも同じく、往復で購入すると往復割引が適用され、往復4600円で乗車することができます。

長野〜扇沢線のバスの乗車券は、長野駅にある『科の木 東口店』で購入可能です。

詳しくはアルピコ交通の公式HPで説明があるので、こちらで確認してください。かなり詳しい道順が記載されているので、初めて行く場所でも安心です。

長野駅の扇沢線の乗り場は?

長野駅の扇沢線の乗り場は東口になります。信濃大町に比べると少しわかりずらいので気をつけてください。

善光寺口ではなく、長野駅東口。アルピコ交通の案内所とは反対口になります。

上で紹介した『科の木 東口店』のすぐ前になります。新幹線で到着した場合は、ホームから乗り場までは所要時間が5分ほどかかります。

長野〜扇沢線の時刻表はこちら。

詳しくは、アルピコ交通 長野〜扇沢線で確認できます。

とにかく安く行きたければ東京〜長野も高速バス利用!

「時間は気にしないのでとにかく安く抑えたい!」そんな人には、東京〜長野間も高速バス移動がおすすめ。

昌栄バスが運行する『どっとこむライナー』は時間帯や混雑具合にもよりますが、池袋〜長野間を1800円〜運行しています。

また、ウィラーエクスプレス もセールで新宿〜長野間が1500円まで値下がりしていることもあります。

タイミングが重要にはなってしまいますが、格安で行きたいのならあらかじめセールなどを調べておくのがおすすめです!

立山黒部アルペンルートまでのアクセス まとめ。

立山黒部アルペンルートの起点、扇沢までのアクセスを紹介しました。

実際に自分が利用してみて思ったのは、行きは信濃大町乗り換えで扇沢へ、帰りは扇沢から新宿までの直通で帰ってくるのが1番体への負担は軽いかと思います。

時間がない人や、夜行バスが辛くない人であれば扇沢までの直通夜行バスがおすすめです。かなり時間を節約することができます。

もし朝出発ならば、朝一の信濃大町行きのバスに乗ることができ、時間通りに進むことができれば、12時には扇沢へ着くとができるので、体を労わりたい人にはおすすめです。

その時々にあったアクセス方法を選んで、是非、立山黒部アルペンルートに行ってみてください。