プラハ

【プラハ城観光】アクセス・チケット・所要時間【効率の良い周り方!】

f:id:pochicanada:20190309023044j:image世界最大といわれるプラハ城にいってきました。
聖ヴィート大聖堂をはじめ、数々の見どころがあるプラハ城。

ポチ子
ポチ子
プラハ城敷地内は広大なため、迷子になることも!下調べせずに行くと、無駄に歩く羽目になりそう。

プラハ城に行くなら、見どころをあらかじめ調べてから向かうのがおすすめ!
この記事では、「プラハ城までの行きかた」や「プラハ城おすすめのコース」について紹介していきます。プラハ城に行かれる方は是非、参考にしてみてください!

ミュシャ美術館へのアクセス・チケット・ミュシャグッズ・口コミは?プラハにあるミュシャ美術館に行ってきました。www.mucha.cz 【スポンサーリンク】 // &am...

 

プラハ城とは?

f:id:pochicanada:20171211005257j:plain

プラハ城(チェコ語:Pražský hrad)
かつてボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城であり、現在はチェコ共和国(元チェコスロバキア連邦共和国)の大統領府のある場所である。ボヘミア国王の宝冠はここで保管されている。プラハ城は世界でも最も大きい城の一つであり(「ギネスブック」によると、最も古くて大きい城である)、敷地の広さは東西430メートル、南北70~140メートルで細長い形をしており、大きさは長さは約570m、平均の幅は約130mである。10世紀には既にこの大きさであったと考えられている。引用:Wikipedia

美しいプラハの街並み。中央のとんがっている建物がプラハ城一番の見どころ【聖ヴィート大聖堂】。

その周りを取り囲むように建っている白い建物、全てを含めてプラハ城と呼びます。

ポチ子
ポチ子
プラハ城は世界最大の城と呼ばれていて、観光客にも大人気の場所なんだよ。

 

 

プラハ城アクセス方法は?

プラハ城までのアクセス方法は2パターンあります。どちらも違った良さがあるので、行き帰りで使い分けるのがおすすめです。

正式名称プラハ城(Pražský hrad)
住所Pražský hrad, 119 08 Praha 1
電話番号+420 224 372 423
公式HPhttps://www.hrad.cz/en(英語)

 

プラハ城までメトロ+徒歩で行く方法

プラハ城の最寄のメトロの駅は【地下鉄A線のマロストランスカー(Malostranska)駅】。マロストランスカー駅からプラハ城までは徒歩約10〜15分でいくことができます。

f:id:pochicanada:20171212235413j:plain

メトロ+トラムで行く方法

メトロからトラムに乗り継いでプラハ城に行く場合、マロストランスカー駅の目の前(Malostranska)駅前から出ているトラム22番に乗ります。

トラムのPražský hrad(プラハ城)駅で降りれば、道路を渡ってすぐがプラハ城の入り口です。f:id:pochicanada:20171212122338j:plain

ポチ子
ポチ子
駅の目の前からトラムが出ているのでとっても便利だよ。時刻表を見ての通り、本数がかなり出ているので時間を調べて行かなくても問題なさそう。

 

メトロの駅からプラハ城までは上り坂

プラハ城までメトロの駅から徒歩でいく場合、階段をのぼることになります。結構ハードなので体力に自信がない人はトラムでいくのがオススメです。

ポチ子
ポチ子
マロストランスカー(Malostranska)駅からトラムPražský hrad(プラハ城)駅までは2駅。トラムを使えばあっという間。本数も多いので、待ち時間もほとんどありません。時間を有効活用できますよ。

 

プラハ城へメトロから行く場合はこんな道を通ります。

ちなみにプラハ城までの階段はこんな感じ。行きはトラム、帰りでこの階段を下ってくるのもおすすめ◎プラハ城からの景色は抜群です。

 

プラハ城の営業時間は?

プラハ城の営業時間は季節によって異なります。

冬季観光シーズン(11月1日~3月31日)
  • プラハ城敷地内 6.00 – 22.00
  • 城内各施設 9.00 – 16.00
夏季観光シーズン(4月1日~10月31日)
  • プラハ城敷地内 6.00 – 22.00
  • 城内各施設 9.00 – 17.00
ポチ子
ポチ子
聖ヴィート大聖堂への入場受付は15:40で終了します。 チケットをお持ちでない方が立ち入ることのできる場所は、西側の合唱隊席下の空間のみに限られています。但し教会関係者、巡礼者、礼拝、聖餐式等参加者は、入場無料です。礼拝中の教会見学者の立ち入りは禁止されています。礼拝日時、見学時間の変更等は、www.katedralasvatehovita.cz にてご確認ください。参考:https://www.hrad.cz/jp/prague-castle-for-visitors/opening-hours

 

プラハ城に入るにはセキュリティチェックがある!

プラハ城内に入る前には、セキュリティチェックを受ける必要があります。

このチェックには行列ができていることがあるので、時間に余裕をもっていきましょう。

冬場は閑散期なのでそこまででもありませんが、夏場のハイシーズンには30分以上ならぶこともしばしば。

ポチ子
ポチ子
プラハ城観光には、ツアー団体も数多く来ています。運悪くツアーの時間にあたると、閑散期の冬場でも待つこともあります。

夏場のハイシーズンはなんとこの行列!

プラハ城入場料は?

プラハ城のチケットの種類は全部で3種類。
プラハ場内のどの展示物、建物内を見学するかによって種類が変わります。

f:id:pochicanada:20171212222959j:plain

引用:Vstupenky – Pražský hrad pro návštěvníky

 

プラハ城観光おすすめ!1番人気のコースはBコース

プラハ城観光の一番人気のコースはBコース。

  • 「聖ヴィート大聖堂」
  • 「旧王宮」
  • 「聖イジー教会」
  • 「黄金小路」
  • 「ダリボルカ」

と、プラハ城の主要の観光スポットが抑えてあります。迷っている方はBコースがおすすめです。

 

プラハ城のチケットはこんな感じ

こちらが実際のプラハ城のチケットの写真。チケットの左端に入れる建物の番号が書かれているため、非常に分かりやすいです。

f:id:pochicanada:20171212220715j:plain

プラハ城内の地図にもチケットに記載されている数字が表示されているので、チェコ語が読めなくても安心です。

f:id:pochicanada:20171213105536p:plain f:id:pochicanada:20171213105557p:plain

 

プラハ城内で写真を撮るなら撮影料がかかる!

プラハ城内は「写真撮影可」「撮影料を払っていれば写真撮影可」の場所があります。
撮影料50Kcを払っていれば、大抵の場所は撮影できます。

ポチ子
ポチ子
聖ヴィート大聖堂内などは撮影料を払っていない人は撮影できません。チケット購入時に撮影料も払っておきましょう。
ただし、「プラハ城歴史物語」「聖ヴィート大聖堂宝飾展」「旧王宮美術館」は禁止です。

 

 

プラハ城のチケットの購入場所は?

チケットは以下の★マークの場所で購入可能。わかりやすい場所は以下の2ヶ所になります。

  • 聖ヴィート大聖堂前のインフォメーションセンター
  • 黄金小路の前のチケット売り場

トラムで来た人は聖ヴィート大聖堂前、マロストランスカー駅から歩きで来た人は黄金小路前が最寄の購入場所になります。f:id:pochicanada:20171213103815p:plain

 

プラハ城観光の所要時間は?

プラハ城Bコースの所要時間は急ぎ足で2時間、じっくり見るなら3時間は必要です。

ポチ子
ポチ子
敷地内が広いため移動に時間がかかります。歩く距離も意外と長いです。更に各所の入場が行列だった場合に並ぶ時間を考えると、もう少し余裕があった方がいいかもしれません。
f:id:pochicanada:20171213000154j:image

 

プラハ城見どころその1:聖ヴィート大聖堂

プラハ城内で1番の観光スポットといえば、聖ヴィート大聖堂。
ゴシック建築のその建物は360°どこから見ても美しくため息もの。プラハに行ったからには絶対に行っておくべき場所の1つ。

 

 聖ヴィート大聖堂 (チェコ語:Katedrála svatého Víta)

プラハにある大聖堂で、プラハ大司教の司教座聖堂。 プラハ場内に位置し、多くのボヘミア王の墓を有する。ゴシック建築の代表例であり、チェコで最も大きい教会。
正面に82メートルの二本の塔、中ほどに99メートルの鐘楼が立っている。大聖堂の内部は、天井の高さ34メートル、幅60メートル、奥行き124メートル。

f:id:pochicanada:20171215230421j:image

聖ヴィート大聖堂 – Wikipedia

トラム22に乗ってプラハ城前のバス停から来た場合、この聖ヴィート大聖堂が最初に見えて来ます。

ポチ子
ポチ子
おそらくプラハ城で一番混雑しているであろう場所です。それでも見る価値あり!!
f:id:pochicanada:20171214143026p:plain

 

聖ヴィート大聖堂自体は無料で入場可能。

聖ヴィート大聖堂内に入ること自体は無料。しかし聖ヴィート大聖堂内でも一定の場所より先へ進むとなると入場料が発生します。

ポチ子
ポチ子
無料エリアから見た聖ヴィート大聖堂内はこんな感じ。ここでも十分綺麗だけど、ミュシャのステンドグラスを見たければ有料エリアに入場しなければいけないよ。
f:id:pochicanada:20171214150149j:plain

 

聖ヴィート大聖堂の見どころ

ミュシャのステンドグラス

聖ヴィート大聖堂の多くの観光者はミュシャのステンドグラスを目的として来ています。
詳しくはhttp://www.mucha.jp/window.htm

f:id:pochicanada:20171214162051j:plain

ミュシャのステンドグラスの前には、たくさんの人が集まっているので混雑必至。
ゆっくり見たければ時間に余裕をもっていくのがおすすめ!f:id:pochicanada:20171214190424j:image

ミュシャのステンドグラスはもちろん綺麗ですが、他のステンドグラスもとっても綺麗!天気がいいと光が差し込んで、より一層美しく見えます。

f:id:pochicanada:20171214190030j:imagef:id:pochicanada:20171214190042j:image

 

 

 聖ヤン・ネポムツキーの墓

f:id:pochicanada:20171214191830j:image

こちらは聖ヤン・ネポムツキーの墓です。このあたりは通路も狭いのでかなり混み合います。

ポチ子
ポチ子
下手したら立ち止まることができないかも。カメラを構えていかないと撮り損ねる可能性あり。
【プラハ観光】メトロとトラムを乗りこなして、少ない滞在日数でも効率よく観光地を巡ろう!プラハ観光おすすめな周り方! 【プラハの交通手段を使いこなそう!】こんにちは!先日チェコ・プラハへ旅行へ行ってきました。 とても素敵な...

 

 

 聖ヴァーツラフ礼拝堂

wikipediaによると、「おそらく大聖堂で最も有名な場所は、聖遺物が保管された聖ヴァーツラフ礼拝堂である」とのこと。

聖ヴィート大聖堂の中で最も重要な場所なんだそうです。
f:id:pochicanada:20171214231631j:image

壁の下半分は、1300以上もの半貴石とキリストの受難が描かれた絵で飾られ、その装飾のオリジナルは1372年から1373年に遡る。壁の上半分は聖ヴァーツラフの生涯を描いた絵。
1506年から1509年にかけて作製された。壁の中央部分には、ペトルの甥のインドリヒ・パルレーシュによって1373年に作製された聖ヴァーツラフのゴシック像がある。
聖ヴィート大聖堂 – Wikipedia

ヴァーツラフとは、プラハの観光スポットの一つ「ヴァーツラフ広場」のヴァーツラフと同じ人物。広場にもヴァーツラフの像があります。
ヴァーツラフ1世は国と民族を守った英雄としてチェコには欠かせない人物となっているそう。

ヴァーツラフ1 (ボヘミア公) – Wikipedia

ちなみに今はヴァーツラフ広場にある国立博物館は改修工事に入っています。工事は2018年まで続くとのことで、ヴァーツラフ像の後ろにある博物館は一面覆われています。
残念。改修が終わるまであとちょっとの辛抱。

f:id:pochicanada:20171215002613j:image
ポチ子
ポチ子
聖ヴィート大聖堂内の観光が終わり、次の場所へ!その際に大聖堂を横からとってみました。どの角度から見ても綺麗。青空が映えますね

裏側にはクリスマスマーケットの準備がされていました。f:id:pochicanada:20171215004424j:image

プラハ城見どころその2:旧王宮

聖ヴィート大聖堂のすぐ横にある旧王宮。
12世紀から16世紀まで歴代のボヘミア王が住んでいた場所だそうです。

f:id:pochicanada:20171215082347j:image

旧王宮の場所

聖ヴィート大聖堂のすぐ向かいにあります。

f:id:pochicanada:20171214164438p:plain

 

 旧王宮のみどころ

旧王宮のみどころは、なんといってもヴラディスラフホール。
奥行き62m、幅16m、高さ13mの巨大なホール。1中世プラハの非宗教建築では一番大きな空間で、印象的なアー チ型のヴォールトで支えられています。昔はここで戴冠式や騎馬競技が行われていたそうで、馬専用の入口などもあります。現在では公式な祝賀行事に使われています。f:id:pochicanada:20171215082452j:image

 

プラハ城見どころその3:聖イジー教会

聖ヴィート大聖堂の裏手にある聖イジー教会。ピンク色のが目を引く可愛らしい教会。f:id:pochicanada:20171215105441j:plain

聖イジー教会はロマネスク様式の教会で、ボヘミアで最も美しいロマネスク様式の教会と言われています。
プラハ城に残る最も古い教会建築です。 聖イジー聖堂 – Wikipedia

現在ではコンサートなども行われています。時間があればおすすめ!

f:id:pochicanada:20171215105457j:plain

classicworld.at

 

 

ヤン・ネポムツキー礼拝堂。

何度も登場するヤン・ネポムツキー。聖イジー教会にもヤン・ネポムツキーがいました。こちらがヤン・ネポムツキー礼拝堂。

f:id:pochicanada:20171215105446j:plainネポムクのヨハネ – Wikipedia

 

聖イジー教会

ヤン・ネポムツキー礼拝堂のある聖イジー教会はこちら。

f:id:pochicanada:20171214164411p:plain

 

プラハ城見どころその4:黄金小路

プラハ城観光も終盤。
駅から歩いてプラハ城に向かった場合、この黄金小路が最初に出てきます。

Zlaté uličky

ポチ子
ポチ子
たまたま日本の人がいたようで着物姿の人が写りこんでいます。和っぽい写真になりました笑 
f:id:pochicanada:20171215121544j:image

 

黄金小路の場所

メトロのマロストランスカ駅寄りにあります。
帰りに階段を使う人は黄金小路は最後に来るのが二度手間にならずおすすめです。

f:id:pochicanada:20171214164505p:plain

黄金小路は当時の庶民の暮らしを再現しています。
1597年頃に作られた当初は、プラハ城に仕える召使い達が住んでいました。その後神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世がボヘミアを治めるようになった頃には錬金術師が住むようになり、このような名前がつけられました。

f:id:pochicanada:20171215121558j:plain

f:id:pochicanada:20171215121702j:plain
黄金小路には庶民の家を再現した展示、御土産屋さん、甲冑などが飾られている博物館などがあります。

ポチ子
ポチ子
細かいところまでしっかりと再現されていてとっても楽しかったです。小物類や家具などすごく可愛いかった〜!見てるだけで癒されます。

 

No.22 フランツ・カフカの家

この小路の中でも特に有名なのがフランツ・カフカの家。
1916年11月から7ケ月の間、仕事場として利用していたそうです。
現在はカフカ関連の書籍などが置いてあります。

フランツ・カフカ – Wikipedia

 

ダリボルカ塔

黄金小路を抜けると、ダリボルカ塔が現れます。最初の囚人「騎士ダリボル」の名前からとって名づけられました。
中世時代に牢獄として使われていた場所で、中には拷問道具が並んでいます。

f:id:pochicanada:20171215121724j:plain

 

 

プラハ城観光まとめ

プラハ城観光には時間に余裕を持っていくのがおすすめ。

今回の記事ではプラハ城の紹介をさせていただきました。
プラハ城敷地内見所もいっぱいで、とにかく広い!時間に余裕をもって観光に来ましょう!

おすすめコースを効率よく回ろう。

プラハ城観光のおすすめはBコース!
マロストランスカー駅から22番のトラムに乗り、今の順番で観光していけば、なかなか効率よく回れると思います。
プラハ城に行く際は是非参考にしてみてくださいね。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【プラハのエッフェル塔】ペトシーン展望台タワー  プラハのペトシーンタワーに行ってきました。   【スポンサーリンク】   // ...

スポンサーリンク